証券口座比較の決定版!~みんなの声や機能で徹底比較~
Yahoo!ファイナンス  

株主優待

株主優待をお得にもらうなら、必ず知っておきたい基本情報と、おすすめ優待銘柄のご紹介です!

今月のおすすめ優待銘柄
2017年9月権利確定のおすすめ優待銘柄

9月は3月に次いで1年間で2番目に株主優待がもらえる月となっています。
今年は昨年よりも優待銘柄数が増加しており、400銘柄以上の中から選ぶことができます。人気の優待銘柄となると、権利取り日に向けて株価が上昇する傾向があり、この値幅を狙った投資を行う人や、クロス取引を行い、株主優待だけを確実に狙う人もいたりと、優待投資も人それぞれ。

ここでは、『投資資金50万円以下』×『好業績』×『優待利回り』×『全国利用可能』の4つの指標を重視して数多くの株主優待のなかから5銘柄に絞ってピックアップしました。
飲食・食品銘柄の購入の際には逆日歩に注意するようにしたいですね。みなさまの株主優待探しのヒントとなれば幸いです。
【権利付き最終日】9月26日 【権利落ち日】9月27日

優待獲得までの流れ

9月権利確定銘柄の、優待獲得までの流れは以下のようになります。

優待獲得までの流れ

9月権利確定のおすすめ優待銘柄

フォーシーズホールディングス (3726)

フォーシーズホールディングスの株主優待
先端技術・希少成分の化粧品で美しさを追求する
 医療の先端技術や希少な天然成分を取り入れた化粧品・健康食品の通信販売を行う「フェヴリナ」「サイエンスポーテ(ブランド名:ファインビジュアル)」をグループに持つフォーシーズホールディングス(3726)。両ブランドは、近年話題の馬プラセンタや炭酸ジェルパックを使った最先端のスキンケア製品・化粧品で人気を博しています。  株主優待は100株以上の保有で「フェヴリナ」「ファインビジュアル」それぞれ5000円相当の優待券、または「株主限定商品ラインアップ」10商品から2つが贈呈されます。優待券は2ブランドそれぞれ5000円相当分が贈呈されますので、合計1万円相当となるのは嬉しいですね。科学に裏付けされた高品質な化粧品で美しさを追求してみませんか?
最少購入金額 約4.8万円(2017/8/31終値)
優待利回り 20.61%
優待内容

株主優待券(5000円相当)、または自社商品

購入手数料最安 1位 0円  SBI証券
2位 0円  楽天証券
3位 0円  松井証券
チャート画像

リソルホールディングス (5261)

リソルホールディングスの株主優待
日々のストレス解消に、健康増進に
 ホテル、ゴルフ場経営や企業の福利厚生サービスを運営するリソルホールディングス(5261)の株主優待は、宿泊やゴルフ場はもちろん、プール・テニス・ジョギング、さらにはダイビング・クルージングといったマリンスポーツまでお得に利用できる、とても楽しい優待券です。  年2回、2000円相当の優待券が、1000株以上の保有で6枚(年12枚2万4000円相当)、3000株以上の保有で9枚(年18枚3万6000円相当)、5000株以上の保有で10枚(年20枚4万円相当)贈呈されます。また、同社グループ企業の運営する「ライフサポート倶楽部」が利用できる株主会員優待カードを贈呈。毎日の暮らしに役立つ生活メニューが会員特別料金で利用できます。  ちょっと遠出してゆったりくつろいだり、スポーツを楽しめば、心も体も芯からリフレッシュできるのではないでしょうか。
最少購入金額 約37.4万円(2017/8/31終値)
優待利回り 6.41%
優待内容

ライフサポート倶楽部 会員カード、RESOLファミリー商品券

購入手数料最安 1位 194円  ライブスター証券
2位 260円  GMOクリック証券
3位 270円  カブドットコム証券
チャート画像

ヴィア・ホールディングス (7918)

ヴィア・ホールディングスの株主優待
洋食から居酒屋まで、バラエティ豊かな食事が楽しめる
 ヴィア・ホールディングス(7918)はグループに多くの外食店舗を持つ企業です。業態は居酒屋から洋食や中華、お好み焼き等、幅広いジャンルを取り揃えています。なめらかプリンで有名な「パステル」も同社のグループなんですよ。  株主優待では、食事に使える優待券が年2回、100株以上の保有で2500円(年間5000円)、以降100株の保有ごとに2500円(年間5000円)ずつ加算されて贈呈されます(上限2万5000円、年間5万円)。複数枚同時使用も可能な使い勝手の良い優待券です。2018年3月末からは株主優待制度が見直され、1000円ごとに500円割引される優待券となりますが、額面は倍額(1000株の保有で年間10万円)となります。  近くに店舗が無いなど優待券が使えない場合には、カタログギフトと交換もできます。優待券が無駄にならない嬉しい配慮ですね。
最少購入金額 約8.8万円(2017/8/31終値)
優待利回り 11.29%
優待内容

株主優待券

購入手数料最安 1位 0円  SBI証券
2位 0円  楽天証券
3位 0円  松井証券
チャート画像

河合楽器製作所 (7952)

河合楽器製作所の株主優待
株主優待でコンサートにご招待
 音楽は好きだけれど、チケットを取ってコンサートに足を運ぶのは少し敷居が高い。そんな方にオススメなのがKAWAIピアノでおなじみの河合楽器製作所(7952)の株主優待です。100株以上の保有で、同社主催のコンサートに年2回無料で招待。国際的なピアニストから新進気鋭の若手演奏家まで多彩な音楽家を招いて全国各地で開催されています。  創業90年を迎え、世界中で演奏されているKAWAIピアノの美しい音色を、ホールで堪能してみてはいかがでしょうか。
最少購入金額 約23.3万円(2017/8/31終値)
優待利回り 3.41%
優待内容

自社主催「カワイコンサート」無料招待

購入手数料最安 1位 194円  ライブスター証券
2位 260円  GMOクリック証券
3位 270円  マネックス証券
チャート画像

オートバックスセブン (9832)

オートバックスセブンの株主優待
全国展開のオートバックスで愛車の整備
 大切なマイカーのお手入れ、常に完璧にしておきたいものですが、整備用品に加えガソリンや車検と、意外と出費がかさんでしまいますよね。カー用品国内最大手のオートバックスセブン(9832)の株主優待は、1ポイント=1円相当で使えるポイント。年2回、100株以上の保有で3000ポイント(年間6000ポイント)、300株以上の保有で7500ポイント(年間1万5000ポイント)、1000株以上の保有で1万ポイント(年間2万ポイント)、3000株以上の保有で1万5000ポイント(年間3万ポイント)が付与されます。  このポイントはカー用品の購入だけでなく、車検や整備にも使うことができるのが嬉しいですね。安全第一で素敵なカーライフを楽しんでください。
最少購入金額 約18万円(2017/8/31終値)
優待利回り 3.3%
優待内容

株主優待カード

購入手数料最安 1位 104円  ライブスター証券
2位 105円  GMOクリック証券
3位 194円  マネックス証券
チャート画像

株主優待のもらい方

株主優待をもらうためには、2つのポイントがあります。


1つは『優待対象株数』です。

株主優待をもらうためには、一定の株数を保有する必要があり各企業で異なっています。
しかし、多くの企業は最低単元の買付が優待の対象となっています。
また、保有する株数が多ければ多いほど良い優待がもらえる企業もあります。


もう1つは『権利確定日』です。

株主優待を受けるには、『権利確定日』に株主名簿に登録されておく必要があります。

株主優待のもらいかた

株主名簿に登録されるためには、権利確定日の3営業日前に株主になっていなくてはなりません。
この日を『権利付き最終日』といいます。
権利付き最終日に株式を保有していると、配当金を出す企業であれば株主優待と同時に配当金ももらうことができます。


そして、翌日を『権利落ち日』といいます。権利落ち日には多くの場合、株価が下落する傾向にありますので注意が必要です。


2017年9月の場合は、以下のようになっています。

【権利付き最終日】
9月26日
【権利落ち日】
9月27日

注意しておきたいのは、株主優待は現物で保有している時のみであり、信用取引で買い付けいしている場合はもらうことができません。
また、札幌・名古屋・福岡の地方に単独で上場している企業の場合、取り扱っていない証券会社もありますので、優待銘柄の上場市場と、証券会社の取り扱い市場を確認しておきましょう。

ネット証券では、SBI証券を選んでおくと、手数料も安く、様々な優待の情報・サービスも充実しています。

現物取引購入手数料

現物購入金額 SBI証券 楽天証券 カブドットコム証券 マネックス証券 松井証券※現物定額 GMOクリック証券 ライブスター証券 岡三オンライン証券
10万円 150円 150円 97円 108円 0 95円 86円 106円
20万円 199円 199円 194円 194円 324円 105円 104円 216円
30万円 293円 293円 270円 270円 324円 260円 194円 378円
50万円 293円 293円 270円 486円 540円 260円 194円 378円
100万円 525円 525円 1069円 1080円 1080円 470円 367円 648円


カテゴリ別からネット証券を探す

【個人投資家の皆様からのアンケートについて】
多くの個人投資家の皆様からの声を反映させて頂きたいと考えております。もしよろしければコチラよりアンケートのご協力、何卒よろしくお願い致します。


ページTOPへ